2008年02月13日

Wii 大乱闘スマッシュブラザーズX

Wiiってあんな形だったんですね

と、いわれてみれば確かに・・・

形は
長方形でおきやすそうですけどね
ちっちゃくて、片付けるのにも便利そうでいいです

さて
友人宅へ押しかけて
大乱闘スマッシュブラザーズXをプレイしてきました

64の初代大乱闘は
非常に何度も何度もプレイしましたが
キューブのデラックスでしたっけ
あれはあまりしませんでした

キューブもってませんしね

友人でも持ってる人少なかったし。


関係ない過去のお話をいくらしたって
興味ないでしょうから
本題へと移りましょう

まず
面白かったです
ただ、年をとったからなのか
作品の問題なのか
64のときほどは、のめりこまなかったように感じます


キャラは増えてて
全部一回づつ使うだけでも大変な数がいました
ピクミンとかかわいらしいキャラも増えてました
一部
ピチューとか、いなくなったキャラがいるのは残念
色が増えてたけど、色だけじゃなくて
こまごましたアイテムの変化とかあって
そんなのなしで
色だけの変化でもよかったかな、という印象
キャラ別の能力については不明
名前忘れたけど、天使みたいなのとか
カービーに出てきた、剣持ってるやつとかが強いらしい

個人的にはプリンが強いというか可愛い
ピカチュウも好きだったんだけど
なんか64のころのように
ピカチュウに愛着をもてなくなった


アイテムもいっぱいふえてた
変なアイテムいっぱいで見にくい
時計が強すぎ
モンスターボールの存在がなぞ
あんなにアイテムいらないかな


マップも多すぎ&複雑すぎ
単純なマップのほうがいいです


全キャラ共通だけど
技が多すぎかな
64のころは
横必殺とか
ためとかほとんどなかったのが
いっぱいふえてるから
ゲームの本質を見極めるだけでも
もっとプレイしないとなんともいえないのだけどさ・・・


後は必殺の↑をいくような必殺技?
必要なのか必要じゃないのか・・・
不明


エフェクトが派手になって
ぱっと見いいのかもしれないけど
結局のところ
原点にあるシンプルさが失われていってしまって
初期の作品を超えることができないっていう
ほかのいろいろなゲームにも見られる現象を
打破することはできてないってところですかね?












人気blogランキングへ
posted by ぽお at 19:48 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | ゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 大乱闘スマッシュブラザーズX 2008年1月31日 2008年3月9日 2008年予定 2008年予定Price = 6
Weblog: 今流行の『Wii』!
Tracked: 2008-02-24 11:35
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。