2008年01月31日

感想:石田衣良「娼年」

評価:★★★★☆(85/100)

書名:娼年

著者:石田衣良

内容:
夜の街のお話?

感想:
何をもってしていいといえばいいのかわからない
ただ
ホストとか?キャバクラ?とか
何かよく知らない世界に
少なからぬ興味を持っていたぼくには面白かった

そういう少し浮世離れしたような人が主人公ではなく
更なる高みとでもいうべきところにいる人
つまり娼年という人が主人公なのだけれど

娼婦といったって
ぼくにはうまく説明できないから
娼年ということもうまく説明できるかわからないけれど
娼年というのは
ホストの上みたいなやつ
1時間で1万くらい稼いでるそうです
それも
エッチなことをするわけではなく
ただ食事をしたりするだけで
1時間1万円
そういう男の子が主人公の物語


内容は
ただただその男の子がお金を稼ぐわけではない

こじんまりとしたひとつの物語
その娼年とその買い手によって生み出されるセックス
それが幾つか重なって完成されている

いろいろなタイプの女性と触れながら
いろいろなことを感じていく娼年の
心の変化も大切なんですけどね


これが
ただの人と人の性的な交わりだけに終わらないところ
そこに作者である石田衣良さんの個性があふれていると思います
ぼくが純粋に文章が好きな作家が三人います
それが江國香織さん村上春樹さんそしてこの石田衣良さんの三人
この三人の文章はそれだけでひきつけられます
もちろん、それぞれに個性があるのですが


あとがきでも
本文中のいくつかの言葉を抜粋されてますが
そこなんでしょうね
そこに作者の魅力がある
たとえば
「人の四十年などこのセミの声の永遠に比べたら、ほんの一瞬の気がして」
とかそういうやつです



さて
内容として
ひとつ異色のものがあります
それが「アズマ」君という子とのお話
アズマ君というのは
本人曰く
体の配線がずれていて
痛みしか快感に感じないという変な子

そして
その子のために
小指をぽきっ
っと折ってあげる娼年・・・

これなんて
性と性の交わりではないですよね
多分

なんかね
そこらへんに
魅力があったんですよね



人気blogランキングへ
posted by ぽお at 23:00 | 大阪 ☔ | Comment(0) | TrackBack(1) | 感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「娼年」石田衣良
Excerpt: 石田衣良が男娼の世界を描いた作品。 それが「娼年」。    【送料無料】娼年価格:1,470円(税込、送料別) 二十歳の大学生、森中領(リョウ)は不毛な生活をしていた。 小学生で母親を亡くし、大学..
Weblog: りゅうちゃん別館
Tracked: 2011-06-08 10:04
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。