2007年08月15日

8月15日、終戦記念日

8月15日それは終戦記念日
だけど、僕には関係ない
僕にとっての8月15日
それは8月真ん中の日
夏休み残り15日の日だ


だけど、タイトルに終戦記念日
と入れたからには
戦争について書いた方がいい
そんな気もする

今から62年前のこと
その頃の記憶を持った人はもう
大分減ってしまったことだろう
いい意味でも悪い意味でも

今思えば昔もこんなことを書いたきがする
ちょうど一年前
原爆についてだったのかもしれないが

ともかくも
この頃になると
戦争についてだの
原爆についてだのの
新聞記事が増える

あまり興味の沸かない出来事であるが


ともかくも今は
被害者な風を装う
それだけはやめてほしい
そう切に願う

戦争が始まったのは真珠湾を攻撃したから
(歴史でそうならったきがする)
それでやられて
攻撃してきた(原爆)は悪い
なんて変なお話



別にそれだけのこと





さて
夏休みも残すところ15日ほど

そして夏休みは短かったなぁ・・・と
思うそんな時期

だが、僕は違う
今年の僕は

多分例年のごとく
ムダな日々を毎日毎日送ることなく
自らに進歩が認められたからだろう

決して多い量ではない
だが基本的に8月に入って毎日勉強をしている
うちの学校とか行きたい大学を考えれば当然かもしれない

だが今までの僕は決してそんなことはなかった

夏休みが終わる
それは
夏休みの宿題を始める時期だった

それが
英語だけでも終わった

このペースなら数学も終わらせれる
そんな気がする

だから僕はこの夏休みに充足を感じる





ところで
最近小説ばかり読んでいる
新書を読むことが減った

理由は小説が面白かったからだ

初め本を読もうと思ったとき
その時は小説なんて・・と思っていた


小学校の時
小説は好きだった

そして中学にはいって
あまり本をよまなくなった

そして高校になって
再び本を読もうと思った
その時

どうせ読むのならためになりそうな本のほうがよいのでは

そう思った

だから新書に手をつけたのだ

小説は自分のためにならない
そう思っていた

今はそう思わない

新書の方がむしろ
どれも同じような内容で

小説は直接的に利益が生まれないが
教養という点において
自分を満たすことができる

そう思う

だから小説を好んで読んでいる

だけど、再び
新書を読もうかと思う

両立が必要なのかもしれない

これからは
小説と新書
どちらも読む
読めたらいい



人気blogランキングへ
posted by ぽお at 23:02 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。