2007年07月18日

感想:もっと本気で遊びなさい

人生遊んで暮らしたいですよね
仕事で終わりたくは無い


評価:★★★☆☆(50/100)


書名:もっと本気で遊びなさい
   遊び方ひとつで人生が豊かになる


著者:藤井康男
1930年生まれ
千葉大学薬学部卒業
龍角散社長


内容:
遊びについてつらつらと・・・


感想:はじめの方は面白く読めた
が、途中からこの人のいうところの遊びが良く分からなくなり
全体としてもよくわからなくなっていった

あまりにも多くの事を遊びの例として取り上げているため
遊びが何か分からなくなっているのだろう
始めの1.2章は面白く読めるから
そこだけ読むのがお勧めです

昔のどこかの王様が
民を犠牲にして得た快楽など
遊びではありえないと思うのだが・・・


筆者自身の遊びが随所に紹介されているが
多すぎて
少し自慢げ

仕方ないことかもしれないが
本を書く人は賢い人が多いのだから
もっと下を見て書いてほしいですよね

どっかの社長しながら
ピアノを弾いて
手品をして
レコードを1万枚持っていて
マージャンの腕前はプロ並
おまけに軍艦のミニチュア?を大量に持っているような人はあんまりいないですよ



ただ、個性的な遊びが大切というのは本当にその通りだと思うところで

最初に書いたように
僕自身、いい遊びを見つけれたらいいとは思う

カラオケはだめだの
勝負事はだめだの
と筆者自身に合わない遊びは否定されているが
それはどうかと思う

遊びとは人それぞれの形であっていいのだから

それならば、カラオケだっていいのではないだろうか


遊びというより趣味ですかねぇ


日本人は自分の事を書くとき
「趣味」という欄があると
かけない人が多い気がする
悲しいことですよね
僕はピアノ、読書を趣味としているのだろうか

ゲームが一番の趣味なのだろうか

ブログが趣味でもいいのかもしれない
楽しみながら書いている部分もあるし

ま、一応趣味はあると思う
だから
社会人になっても
趣味は持ち続けたいですね

遊ばないと人生楽しめないですもんね





人気blogランキングへ
posted by ぽお at 14:42 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。