2007年06月10日

そのときは彼によろしく

小学校の友達と久々に遊びました

クロスモールという栂・美木多駅近くの映画館にいってきました

見たのは
そのときは彼によろしく

長澤まさみという巷で有名な人を
この人だったのか・・と知ることになりました

この作品の原作は
市川拓司さんで
以前この方の
いま、会いにゆきます
という作品を読みました

この「そのときは彼によろしく」という
作品は読んでいないのですが
感想は微妙
あまりおもしろくなかった

設定の
眠れない病気
眠るとそのまま起きれなくなる病気
とか、なんでそういういまいちな設定なんだろうか

それに、そうやって眠ったのが結局起きてくるし

特に感動しないし
面白くない


感想適当すぎでした、ごめんなさい


話はぜんぜん変わりますが
PS2をもらいました

しばらく、遊んでみようかと思います




人気blogランキングへ
posted by ぽお at 18:53 | 大阪 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
眠れない病気 で 検索中です
眠れない男 という人が テレパシーで 語ってきます。
眠るという行為は 当たり前の事だという人達。
眠れない人は 眠れないのが 当たり前の生活。
眠るということは 脳の休養?
眠れない人の 仮眠というか 体 目 脳の 休養〜
テレパシーと覚醒作用について〜 リラックス
睡眠研究会(名前検討中
Posted by 村石太ダー&飯島愛&清水ゆきこ at 2013年05月29日 14:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。