2007年05月25日

感想:国家の品格

評価:★★★★☆

面白かった、ただ、なんとなく。


著者:藤原正彦
満州国新京生まれの数学者
作家新田次郎・藤原てい夫妻の次男として、満州に生まれる
1966年:東京大学理学部数学科卒業。
2006年:『国家の品格』が第23回新語・流行語大賞を受賞。


内容:
論理より情緒が大切
祖国愛が大切
武士道が大切
日本の昔からの精神はすばらしい



感想:
かなり、むちゃくちゃな論理展開だと思います
そこまで、飽きずに読めるのがいい
いくつか「ほーっ」と思うような部分も

論理的に説明されるとついつい納得する傾向にあるそうです
もちろん、この本においても
論理的に説明して
読者が納得できるように構成されています

悪い部分を指摘すれば
多いと思いますが
そこそこにユニークでいいと思います

幾分かたよった考え方をしてらっしゃいますので
謎めいてますが
数学者だからか、論理的に説明してるものの
文章が下手なのか、論理が通ってない部分が多いです
愛嬌なのかもしれません


一番興味を持った点は
天才をはぐくむ環境には
美が必要であること

欠点は
やっぱり考えが浅い
例が多すぎるから
一つの例が薄い

そして、例が悪い
納得できない例が多い

が面白い



久しぶりに他の方の感想も紹介
一人目、非常に批判的
http://quietmidnight.blog9.fc2.com/blog-entry-271.html
二人目、批判の後、気に入った部分の紹介、面白い感想
http://www.janjan.jp/column/0604/0604212760/1.php
三人目、批判的、池田信夫氏のブログ
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/2b365b2a38ca7996074020857aca73c4
四人目、ポジティブ、変わった見方の感想、おもしろい
http://tb.plaza.rakuten.co.jp/orenokaimono/diary/200606060000//五人目、賛同的
http://ameblo.jp/bookitchen/entry-10007971681.html#tbox

批判意見の方が多かったかな





人気blogランキングへ
posted by ぽお at 21:31 | 大阪 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。