2007年04月19日

若者はなぜ3年で辞めるのか

14375位

これはよかった
さおだけ屋よりずいぶんよかった

★★★★☆

高校生から大学生ぐらいが読めば
結構自分のためになりそうな本

20台〜30台の方でも
読んで、少し変わるのかな

40台より上は
多分読んでも意味ないでしょう
(無論、僕の考えるほとんどの人がですが
年とは関係なく物事を考えれる人もいますから・・・)

何はともかく大学の3年までに
読んでおくといいかも知れません
医者は関係ありませんが

企業に勤める大多数の方は
将来の参考になります


前置きは長くなりましたが
まずは著者から

城 繁幸
1973年生まれの
東大法学部卒です
富士通に入社しその後退職
主な著書は
ISBN:9784334933395 『内側から見た富士通 「成果主義」の崩壊』
ISBN:9784492260746 『日本型「成果主義」の可能性』
ISBN:9784334033705 『若者はなぜ3年で辞めるのか?』


内容ですが
ようするに
日本の社会の問題点ですよね
企業とかの
日本は年功序列型
つまり年とれば出世するようにできてます
が、それが最近制度が壊れてきてる
そこで現在の会社をさまざまな視点で眺めて
解説ってところでしょうか
イメージと著者からみえる世界の様子の
違いに驚かされました
自分が将来どんな会社に勤めることになるのかわかりませんが
ぜひとも考えておくべきです

現在の日本は能力重視の傾向が少しずつでてきてますが
現実的には
まだまだ年による階級の序列がメイン
働いてる方なんて
自社の部長さんとか見ればお分かりだと思います

自分の能力に見合った報酬が見込めるのは
IT系とか
外資系の新しい会社のみ

らしいです

僕は社会人ではありませんので現実はわかりません
あくまでも著者の説明によるとこうらしいです

ついつい、本を読んでもすべてを受け入れそうになりますが
本は著者の視点でかかれてますから
現実との相違があるかもしれないということは
念頭において読んでくださいね

唯一不満が残るのは
同じ言葉を使いすぎてること
ほんとにくどいくらいに
「レール」「年功序列型」「成果主義」とかの言葉が出てきます
そこらへんが読んでておもしろくなかった。

こちらの方の感想?まとめなんて
僕のよりずいぶんと参考になるかもしれません
http://chalow.net/2006-09-16-3.html







最近こういった不思議なタイトルの本がはやってますね
流行にのってる方が多いですが
だんだん見てて嫌気がさしつつあります
流行が去る日も近いかもしれません
人気blogランキングへ
posted by ぽお at 20:45 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。