2007年04月18日

長崎市長・射殺

12060位

そろそろカウンタも2000です
見ていただいてる方ありがとうございます



この前の記事の続きとなりますが
アメリカでは2億の銃が流通してると言われてます

人口3億人ですから
単純に考えれば3人いれば二人が銃をもっていることになります

アメリカでは日本と違って
結構簡単に銃が手に入るわけですから
今回のような事件が起こっても
さほどさわぐような事ではないでしょう

日本では池田小学校かなんかで
子供いっぱいさしたひとがいましたけど
あの人だって
銃がてに入る環境なら
銃をつかって
もっとたくさん殺せたかもしれませんし

包丁ほど手軽な道具ではないと思いますが

あのような事件をなくすには
一般人に銃の携帯を禁止すればいいんですよね
日本のように

そうすれば、銃の乱射がおこって32人死亡なんて
ことはないはずです

ところが
日本でも同じ日に
射殺事件が起こってしまいました

皆さんご存知のとおり
長崎市長です

この事件によって
日本でもいろいろと論議を醸しそうですが

日本人で警察官の方や自衛隊の方以外で
銃を触ったことのあるひとなんて
ほとんどいないでしょう・・・

今回の犯人は
暴力団の幹部代行の方ですから
仕事柄?手に入れることができたのかもしれませんが・・・

それでも、人に向かって銃の引き金を引くのって
結構難しいと思いますよ

恨みとか執念とかいった感情によって
行動をおこしたんでしょうけどね・・・

そもそも、日本人で何人の方が
人に向かって発砲したことがあるか・・・

警察官だって
練習場でうってるだけでしょ?
使ってるのみたことないですよ


平和と思ってる日本でも
銃撃事件が起こったわけですが
寄寓にもアメリカの乱射事件と同じ日に

日本もいろいろ考えないといけませんね
なんてことは特にないでしょうね

こんな事件の影響をうけて
こういった市長さんや
他の少し有名な方たちが
射殺されるなんてことは
そう、ぽんぽん起こりはしないでしょう
(あくまで僕の考えですが)
だから、この事件を気に
あーだこーだいう必要はないと思います

もちろん、非常に驚かされる事件ではありましたけどね
人気blogランキングへ
posted by ぽお at 23:28 | 大阪 ☔ | Comment(0) | TrackBack(1) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

長崎市長銃撃事件について
Excerpt: 選挙戦まっただなかの遊説中に 悲劇が起こりました 今の時代に政治家が銃で撃たれるなんて あまりにもショッキングで こんなことが身の回りで起こりうる可能性があることを 痛感させられました ..
Weblog: 投資こぼれ話
Tracked: 2007-04-19 05:06
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。