2010年01月29日

感想:柊平ハルモ「ワガママはシーツの中で」

書名:ワガママはシーツの中で

著者:柊平ハルモ

内容:
男子校でくらすかわいい男の子とかっこいい男の子のお話

感想:
えっとようやく、この本までたどりつきました・・・
この本はBLとのはじめての出会いでしたねー
うん・・・
かなり印象的?でしたねー
これでとりこ?になったわけですけどね・・・
くいびらさんの本は三冊もよみましたしね・・・


いろいろ読みましたけど
この作品は非常にいいと思いますよ
お互いがだんだん量思いになっていく過程とかさ
途中で破局しそうになったりする
ちょっとドキドキな展開とか
男方にもかわいい男の子が現れて
女形にもかっこいい先生が現れてね
うーん、最終的は両思いと・・・

ろまんちっくですね!
人気blogランキングへ
posted by ぽお at 02:17 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。