2010年01月05日

感想:森見登美彦「夜は短し歩けよ乙女」

書名:夜は短し歩けよ乙女

著者:森見登美彦
   以前の記事を参照してください。

内容:すんげーかわいい乙女に片思いするかわいそうな主人公

感想:この森見さんはぼくのなかなか贔屓にしている
著者の一人ですね
えくにさんの次くらいにかな
まあえくにさんの次くらいは
森見さん、伊坂さん、石田さん、あたりかな
何人かいるんだけどね(笑

そんなわけで
この作品も十分に楽しませてもらいましたー
ぶっちゃけ読んだのいつだったかわすれるくらい前なんだけど。

この作品は何がいいかといいますとですねー
主人公の女の子ですよ

ラノベとか読んでるとね
だいたいでてくる女の子は目がおっきくて〜だとか
まるで〜のような美少女〜だとかね
とにかく、そんなのばっかでしょ
ぼくの国語力では再現できなくて申し訳ないけど

森見さんの作品は
かわった子が主人公?ひろいん?なんですよねー
それだけど、すっごい魅力的なんですよね

大衆受けするかどうかは知らないけど
ぼくにははまるのです

それで、その子に
すんげー片思いする主人公の男だけど
その努力があんまりみのらないあたりの
ユーモラスとかね
そこらへんがおもしろいですね

そこが最大の魅力じゃないでしょうか

あとはまぁ
大学生設定ってのもいいかな

おしまい。

人気blogランキングへ
posted by ぽお at 23:55 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。