2010年01月05日

感想:江國香織「きらきらひかる」

書名:きらきらひかる

著者:江國香織

内容:ゲイの彼氏とアル中の彼女

感想:
江國さんってだけで基本的に面白いのに
登場人物設定がよかったよ

最初はいい感じにいってる夫婦が
途中からだんだん雲行きが怪しくなっていくかんじかなぁ

アル中の奥さんとゲイだけどすんげーやさしいだんな様で
なんかいいかんじでした
あんだけ自分勝手にふるまっても
受け入れてくれる人いたらいいよなぁーっていうかんじ

んーで
最後のほうは破局して
バッドエンドかと思ったら
あんがいハッピーエンドだったりもして
そういうのもよかったかなぁー

あとは
しょうこちゃんの
お医者様への質問の
紺君の精子と睦月の精子をまぜて
受精できるか?とかね
いいよなぁー

おもしろかったです。
人気blogランキングへ
posted by ぽお at 23:32 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。