2009年10月29日

江國香織「流しのしたの骨」

書名:流しのしたの骨

著者:江國香織

感想:
さいこーです。
こんなステキな作品かけるのはすごい。

つかね、平凡な日常なのに
何でこんなにかけるの?と・・・

平凡な日常だけど
ちょっとだけ刺激が・・・・ぐふぐふ

名前からして異次元なんですよね

恋人は深町直人
なんでこんな四文字熟語みたいなね・・・

なおくんとかよぶでしょう、ふつう。

ぁぁ
いとおしい



人気blogランキングへ
posted by ぽお at 21:12 | 大阪 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 感想
この記事へのコメント
すごいおもしろそうですね。
是非読んでみたいと思いました。

amazonで買おうかな
Posted by 江國香織っ子 at 2009年11月02日 23:42
お返事遅くなってごめんなさい
すごい面白い!
そんなことはないですよ

ですけど、江国さんの本が好きなら
江国さんの本はどれでも楽しめると思うので
(ぼくだけかな?・・・読んでるだけで癒されるような・・・)
ぜひ読んでみてくださいね。

Posted by ぽお at 2009年11月05日 00:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。