2008年09月25日

感想:奥田 英朗「ララピポ」

評価:これ以降の感想、この項目やめます。

書名:ララピポ

著者:奥田 英朗
1959年生まれ
空中ブランコで直木賞もとったことあるらしい
どっかの高卒
今注目の作家の一人?

内容:
妙な6人の視点から綴る一つの物語

感想:
できそこない?6人の物語ですけど
何で6人をわざわざ登場させたんでしょうね・・・
6人がそれぞれ、ある程度はかかわりを持ってはいたけど
何か、今ひとつまとまりがなかったような・・・

個々の話自体は面白かったと思いますよ
特にAV撮影で親子が対面するあたりなんか・・・
この後どうなるのか、とっても気になります


6人それぞれは今まで負け組み→勝ち組なんてことはないです
負け組みのまま・・
それでも、少しは前に進んだのかな?・・・
せいいいっぱい生きてるところを書きたかったのかな?・・
よくわからんとです。

ようするに
コメディなんでしょうかね・・・
お笑いみたいな・・

はぁ・・・
感想書きにくい本です。・・


今のぼくからは考えられない境遇にいる人たちが
主人公ですからねぇ・・・

とりあえず太る予定ないし。

フリーターしたいとも思わない

もっともっと、ぼくは普通に生きたい

定時で適当に働いてすごしたい

この本の主人公たちのような
生活をしてみたいな、とは決して思わなかったです。






他の人の感想
・ポコアポコヤ
http://blog.goo.ne.jp/latifa/e/da9f073dec741759fa1a1e810d5ef29f
男の若い女なら誰でもいい、女の若い男なら誰でもいい、そんな感覚はまだ若いぼくには未知数です。


・まったり読書日記
http://blog.livedoor.jp/ebinote/archives/50575376.html
悲哀を感じるんだそうです、高校生が読むべき作品じゃないのかな?・・ それとも高校生が読んだ方がいいんだろうか?


人気blogランキングへ
posted by ぽお at 23:33 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。